link
戻る

戻る
食事やりやそうじなど毎日の管理で、快適な環境をつくり毎日の世話は、ハムスターやモルモットやうさぎの健康に大きく影響します。
そう面倒なことはないので、きちんとした世話の仕方を習慣づけてください。
まず、朝は野菜の食べ残しやペットハウスの床に散らばっているフンなどを取り除きます。
夜行性のハムスターやモルモットやうさぎには休息の時間なので、あまりがさがさして驚かさないようにします。
ハムスターやモルモットやうさぎが活動しはじめる夕方になったら、そうじをして食事をやります。
このときも、乱暴にしてハムスターやモルモットやうさぎを怖がらせないよう、できるだけ静かに行ないましょう。
巣箱の中を確認し、古くなった生の食事は取り出して捨てます。
種子類やペレットなど、乾いたものは少し残しておいてあげましょう。中の巣材は汚れた部分のみ収りかえます。
食事入れは取り出して中のものを捨て、水洗いして乾かします。
その後、ペレットや種子類、野菜など新しい食事を入れます。
野菜や牛乳など腐りやすいものは、食べ残したらすぐ取り除くこと。
ペレットや種子類は1日中置いていてもかまいません。
悪くなった食事を頬袋に入れたりすることがあるので生の食事の管理には気をつけてください。
給水器も、ごみが詰まりやすい吸い口や内部をブラシで洗い、新鮮な水を入れます。
トイレも毎日水洗いして中の砂を交換します。
きちんとそうししていれば、ハムスターやモルモットやうさぎのフンや尿はあまり臭くありません。
ハムスターやモルモットやうさぎが巣箱の中にいるときは無理に出さず、巣箱から出てきているときに中を確認しましょう。
また、巣箱を目の前でいじると不安に思うことがありますから、チェックはハムスターやモルモットやうさぎから見えないところでするとなおいいでしょう。
ハムスターやモルモットやうさぎの1日の排泄物の量はフンガ6~23gくらい、尿が6~12CCくらいです。
家族のような柴犬・ビーグル  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット用品選び  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  うさぎ  日本のネコに野生猫 
あたたかさ・湿り具合の管理はあたたかさや湿り具合の変化が激しいと、体の小さいハムスターやモルモットやうさぎは体温を保つのに体力を消耗してしまいます。
あたたかさ計・湿り具合計を設置して、急激な変化がないように管理してください。
あたたかさは20~28度くらいの範囲、湿り具合は30~60%くらいが適当。
20%以下や70%以上の場合は加湿や除湿などの調整をしましょう。
やってきてしばらくは、特に保温に注意して。
愛玩用お店などでは、何匹もの仲間と体をくっつけて温め合っていたのに、急に1匹になったのですから、寒くないように。
保温用に巣材をたくさん入れたり、愛玩用用のパネルヒーターをつけたりしましょう。
その場合は、暑すぎたらよけられるよう、温まらないスペースも作っておくのを忘れずに。
家の中でこのような条件をクリアする場所を見つけるのは大変かもしれませんが、なければ、そういう環境を作ってあげるように工夫をして、愛玩用お店では何匹も一緒にいて暖めあっていたのを一匹でも寒<ないよう保温に注意して。
飼育するのに必要な道具を確認します、ハムスターやモルモットやうさぎを飼うための道具については、それらはもれなく揃っていますか? 巣材はたっぷりあるか、食事入れや給水器は用意してあるかなどをもう一度確認し、ハムスターやモルモットやうさぎが居心地のいいようにセッティングしましょう。
食事は、最初はどんなものを?ハムスターやモルモットやうさぎがいた愛玩用お店や譲ってくれた人に、何を食べさせていたか聞いておきます。
その食事が良いか悪いかの判断は別として、新しい環境に慣れるまでは、以前食べていたものを中心に食事をあげます。
たとえば、愛玩用お店などでヒマワリの種ばかり与えられていたハムスターやモルモットやうさぎの場合、他の食事を与えても食べないこともあります。
ヒマワリの種ばかりでは栄養が偏って健康上問題がありますので、はじめはヒマワリの種を中心に他の食事も与えるようにして、じょじょに他の食事を増やし、ならしていきます。
暗く静かにしましょう、ハムスターやモルモットやうさぎがやってくると、ついのぞいたりかまったりしたくなりますが、まずはそっとして、ハムスターやモルモットやうさぎを休ませてあげましょう。
人間が入らない暗くした部屋にペットハウスを置きます。
それができないときは、ペットハウスに布をかけて、光や音を防ぎます。
静かで落ちつけるようにしてあげましょう。
食事入れが深すぎたり、給水器の位置が高すぎたりすることはないか、ハムスターやモルモットやうさぎの身になってセッティングしてあげましよう。
給水器の位置は、逆に低すぎると吸い□が下に触れ、毛細管現象によって水が出ていって、床材がじめじめすることもあるので、様子を見て適切な高さにし、ハムスターやモルモットやうさぎが環境になれて落ちついてきたら、昼は明るく夜は暗い場所にペットハウスを移しましよう。
犬猫うさぎの抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは 

巣箱はハムスターやモルモットやうさぎが地面に掘る巣穴の代わりに、飼う場合は、安心して中で休めるように巣箱を用意します。
ハムスターやモルモットやうさぎペットハウスには巣箱がついていますが、少し小さいようです。
巣箱を別に用意する場合は、市販の文鳥用の木製の巣箱が利用できます。
屋根の部分かふだのように取りはずせるので、そうじも楽です。
また、紙の空き箱を利用して作ってもいいでしょう。
木製や紙製だとかじられますが、その場合はむしろかじらせてあげるものと考え、壊れたら新しいものと取りかえるようにしましょう。
巣材として巣箱の中には、保温できるように、巣材を入れます。
巣材は、新聞紙やぽろ布を短冊状に切ったものや、市販の干し草やおがくずなど。
目の粗い布やタオルなどループのあるものは、ハムスターやモルモットやうさぎが爪をひっかけて危ないのでやめましょう。
また、干し草やおがくずは湿気でかびやすいので、保管の際は乾燥と清潔に気をつけて。
トイレはトイレは特に用意しなくてもかまいませんが、置くのであれば、中に入ってもひっくり返らない、浅くて口が広く、重みのあるものを。
中にはトイレ砂を入れます。
ティツシユペーパーは水に溶けない成分が入っていて、飲みこんでしまうと良くないため、使わないようにしましよう。
また、愛玩用用に市販されているもの以外で、廃材のおがくずなどを利用する場合、塗料など、食べると有害な薬品が使われていないか、確認してからにしましよう。
ハムスターやモルモットやうさぎは、巣穴の決まった場所をトイレとしていた習性があるので、一定の場所でフンや尿をします。
その場所にトイレを置くとそうじが楽になります。
ハムスターやモルモットやうさぎのトイレ容器と砂も市販されていますし、猫用に市販されている砂(かたまらないタイプ)を使ってもいいでしょう。
食事のための道具類は、食事入れ口が広く安定性のある、陶器製のものがぴったり。
プラスチック製だとかじられてしまいます。
給水器は市販されている吸い口のついた給水器が最適です。
深皿型の水入れだと、水がこぼれてじめじめすることがあります。
砂漠の動物だったハムスターやモルモットやうさぎには、湿気は禁物なので、避けたほうがいいでしょう。
その他に回し車運動不足解消のためにも入れましょう。
ハムスターやモルモットやうさぎペットハウスにはたいていついています。
ただ、まれに使わない個体がいるので、そのときははずしましょう。
はしご・トンネルも巣穴で生活していたので、トンネルは好きなようです。
 また、はしごなども入れておくと上り下りして遊ぶので、運動になります。
はしごは、乗っても倒れないようにしっかり固定し、また、落ちても平気なように、低めにセットします。
小枝なども歯の伸びすぎを防ぐため、小枝などを入れてかじらせましょう。
移動用ペットハウスは動物病院に連れていくときなどのために、ひとつ用意しておくと便利です。
ハムスターやモルモットやうさぎを迎える日の心がまえは、家にきたばかりのときは、環境の急変でハムスターやモルモットやうさぎに非常なストレスがかかり、もっとも注意が必要な時期です。
ハムスターやモルモットやうさぎがきてからあわてて準備することのないよう、環境が十分整っているか、もう一度チェックしましょう。
水槽やペットハウスの置き場所は野生下ならハムスターやモルモットやうさぎ自身が快適な環境を求めて自由に移動できますが、飼われているとそうはいきません。
なるべく快適な場所に置きましょう。
昼と夜のあたたかさの変化が少なく、静かで、充分に換気ができる場所がベストです。
具体的には、人の出入りが少なく、テレビやラジオ、電話などの音がうるさくないか、猫や犬がこないか、直射日光や暖房や冷房の風が当たらないか、昼間は明るく夜は暗いか、などの条件をクリアできる場所を置き場にします。
子供のハムスターやモルモットやうさぎは縄張りを持だないので、においつけはしないが、このほか、おびえたとき、臭腺から強いにおいを出すこともあります。
ハムスターやモルモットやうさぎは本来きれい好きな動物で、よく身づくろいや毛づくろいをしています。
人間が朝起きて顔を洗うのと同じように、ハムスターやモルモットやうさぎは、夕方起き出して活動を始める前に、両方の前肢につばをつけて顔をなで回します。
また、活動しているときも、ときどき立ち止まっては身づくろいをします。
前肢で顔や体の毛をなで、胸から腹にかけての届く範囲は舌でなめ、歯で毛をすくようにします。
こうして毛の間のごみを取って汚れを落とし、毛並みを清潔に保つのです。
またオスは陰のうを磨くような動作をすることもよくありますよ。
健康なハムスターやモルモットやうさぎはこまめに身づくろいをしますが、具合が悪いと、この身づくろいをしなくなり、毛並みもつやを失ってぱさぱさした感じになってきます。
ハムスターやモルモットやうさぎが身ぎれいにしているかどうかも健康のバロメーターなので、日ごろからよく観察しておきましょう。
また、肛門に口をつけてフンを食べたり、飛ばしたりすることもありますが、これは特に異常な行動ではないので心配はありません。
フンを食べること(食糞)はげつ歯目やウサギに共通する習性です。
これは、食べものに含まれるセルローズのうち、消化しきれずフンとして出てきたものを もう一度食べて再消化するため。
また、フンに含まれて排出されたビタミンや腸内善玉菌を、もう一度体に取り入れる意味もありますし子供のハムスターやモルモットやうさぎには離乳食にもなります。
住むための道具はまずケ-ジで、一番良いのは熱帯魚用の水槽です、なるべく50cm四方以上のものを。
換気のため上には金網でふたをします。
ハムスターやモルモットやうさぎは、地面をはって生活していたので、上下に空間があるよりも床面積が広いほうがいいのです。
金網のペット小屋も使えますが、ハムスターやモルモットやうさぎが金網に四肢をひっかけ、捻挫や骨折をすることがあります。
つかまってケ-ジの天井まで登ったりもしますが、地面をはうのに適したハムスターやモルモットやうさぎの体型では、こういう運動は好ましくないのです。
特に高さのあるケ-ジで落下すると重大な事故になることが多いので、2階、3階建てのケ-ジはやめましょう。
水槽ならこうした心配がありません。
つぎに床材は、水槽ならそのまま、ペット小屋を使う場合は床の金網ははずして、受け皿の上に直接、新聞紙や愛玩用シーツをしきます。
その上にわらや干し草、おがくず、細かく切った新聞紙などをたっぷり入れます。
ハムスターやモルモットやうさぎは地面に巣穴を掘って住んでいたのですから、もぐれるくらいの量があれば理想的です。
深さが充分にある水槽なら、土を大量に入れ、干し草などを入れておくと、自然の状態に近くなり、掘って巣穴を作るようになります。
ペットにあってはそれは永遠に愛情を切望して止まない根源的な所以であり人間にあっては外に向けて広く聞かれた心となって豊かな老年にまで保持される。
その広い心を次のように歌い上げた。
わが生のはじまりしときかくありてわれ人となりてかくはあるわれ老ゆるともかくあらむさなくば死をこそ賜らめ 戻る 戻る