×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Link  被毛ケアは小動物とペット用品抜け毛取りピロコーム  犬と猫とうさぎの抜け毛取りメーカーのピロコーム  TOPへ戻る  >   戻る

じゅんれい


じゅんれい
一流のおじいさんの大切な鉢の木展などで、名品、優品といわれる作品を見学すると、まるで違った世界のものを見せられているような気がして、彼等と白分の培養技術の差にどうにも埋められない隔たりを感じてしまう。
おじいさんの大切な鉢の木のプロといわれるような人達と、趣味家といわれるアマチュアとの間にはどのような技術の差があるのだろうか。
また、その違いはどのようにして生じるのだろうか。
ずっと以前から考えてきた問題であります。
勿論プロのようなアマもいるだろうし、その逆もあるだろう。
どちらとも区別できない人も数多くいるに違いない。
けれども世間一般には、あの人はプロだ、この人はアマだといわれると、それでなんとなく納得してしまうのだ。
三目葉としての概念では、プロは職業としてそれで収入を得ている人、アマは職業としていない人、というのが一番分かりやすい。
しかしよく考えてみると、果たしてそれが適切な分類基準なのかどうかは甚だ疑問であります。
たとえば、マルチ型の才能をもっている人では、何が職業で何が趣味なのか区別のつけようがない。
よく知られているように、油絵から芸術活動をスタートし、版画ではベネチア・ビエンナーレ展の大賞を受賞し、版画家としての地位を確立したが、後年は作陶も手がけて風化の美を表現して有名になった。
また文学作品としては、『エーゲ海に捧ぐ』で芥用賞作家となり、それを映画化して監督業までこなす多才ぶりであった。
こんな人は何が本職なのか、恐らく自分でも分からなくなってしまうのではないだろうか。
ましてや、どの分野で収入を得ていたかなどということは、他人には皆目見当がつかない。
プロかアマかを区別することはナンセンスな話になってしまう。
こうして考えてみると、プロだアマだと特別に分ける必要はないのかもしれない。
けれどもプロ作家とか業者とかいわれる人達の作品や作風は、明らかに素人のそれとは異なった風格をもっています。
私の技術などでは、はるかに年若い専門家の足元にも及ばない。
やはりプロとアマは違うのであります。
その違いはどこからくるのであろうか。
永い間納得のいく答えが得られなかった。

ペット用品メーカーのピロコーム  ディアトリベーは犬・猫の抜け毛取りピロコーム  TOPへ戻る  >   戻る


FinderViews ピロコーム 猫 シェットランド・シープドッグ ボーダー・コリー ゴールデン・レトリバー ペットのキューティクル ピロコームE1の詳細説明 ピロコーム使ったひとの生の声 ピロコームの詳細説明 ピロコームのくし歯の耐久力 強度 ムートンブラシ 犬が好きな日本猫 犬 日本スピッツ 犬 柴犬 ポメラニアン 小型スピッツ シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル ウエルシュ・コーギー・ペンブローク となりの猫たち ネコ ダックスフンド チワワ  中高年のぼやき〜スコにゃんことともに 猫 書・作家 雅也の公式ブログ「今の気持ち」 マルチーズ 5匹の犬 ピロコーム 日常の趣味などをつれづれに ピロコーム 猫 しゅがー&すぱいす ミニチュアダックス ままきゃんは毎日ふぁいと〜 ピロコーム パピヨン まみこのChatChat ピロコーム 猫 猫ミャンダー ピロコーム 猫 そにゃんの散歩 ピロコーム 猫 ロシアンブルー 冬毛は夏毛へと生え変わり ピロコーム E1 猫 クマネコにっき ピロコーム パピヨン にゃんこの今日の出来事 ピロコーム チワワ こまめちゃん ピロコーム チワワ ヒメのごほうび ピロコーム 黒ラブ 神戸発ちょっとおやつ愛猫ミックん ピロコーム 猫 おきらく主婦トイプードル ピロコーム たー坊ママの気まぐれ日記 ピロコーム チワワ 愛犬マロン ピロコーム ぷち丸くんの日常日記 ピロコーム 猫 さくらとパパと、ときどきりん ピロコーム やさしい使い心地 ピロコーム 猫 ロシアンブルーの男の子 ピロコーム 猫 3にゃん ピロコーム 猫 ピロコーム 猫 主婦日記 ピロコーム 猫 でごいちママ ピロコーム ラブラドールレトリーバー 3DOGRINRIN ピロコーム チワワ ねこ太郎 ピロコーム 猫 子供笑う門には福来る ピロコーム 猫 露のひとりごと ピロコーム 猫 泥団子blog ピロコーム 猫 泡沫シンドローム ピロコーム 猫 ワンワンかたつむり ピロコーム ミニチュアダックス 坂上誠一郎のねじまげ犬や猫にピロコーム そだて たっちゃんピロコームE1 ファーミ ファーミ ファーミ ファーミ ファーミ ファーミ