×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

始めに述べたように、①の綱菌も②の蘭類も植物であります。
そして、植物の「栄養は蜜素」であります。
植物がおじいさんの大切な鉢の木を枯らす病気などで弱っているときは、葉が作用する「炭酸同化作用」は旺盛ではない。
つまリブドウ糖の生成は少ないのであります。
このような状態のときに肥料を多く施すと、吸収された窒素は「窒素同化作用」が充分に行なわれないから、※「生」のまま、枝葉のなかに存在することになる。
(注※ ここで「生」と述べたのは、無機の形で吸収された窒素が、本来なら同化されて有機になるのだが、同化されずに無機のまま存在するこ.とをいう。
)。

お好み  TOPへ戻る > 戻る