TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

有機硫賦剤には次ざのようなものがおる。
また、樹皮に鵬軍ヒつけて菌が侵人し暢くするのは、「カミキリムシ」が主役であると羊.日われるので、その発咋には注意しなけれぱならない。
「カミキリムシ」の幼虫は、樹皮のドで生息するので、樹皮から虫の糞がでているようなときは、早く飛兄して取リ除く. さらに定期的に殺虫剤を散術ずることも効恥的である股取剤としては、ラ」ンネートが最も効果的で為るが、これは凡蒲への彫榔も夢えられるので、安金性の高いものとして、マラソン・スミチオンなどを、使噌するのが無難であろ芽摘みを楽しむ。
鉢植えをはじめて30年が過ぎた。
それはまた、お客さんにとって、ネズミサシを育ててきた時間でもある。
三十数年前、お客さんが鉢植えをはじめた頃は、今日ほど道楽家の底辺が広くなかったので、30歳をすぎたばかりのお客さんは、「そんなに若くて鉢植えなんてナマイキだ」とよく言われたそうだ。
しかし、好きになってしまえば、そうした批判は気にならないものだ。
言いたい人には言わせておいて、お客さんは培養管理を工夫し、将来を楽しめそうな種木を見つけては買い込んだ。
そして、気づいたら100鉢のネズミサシの杜ができていた。
よく、ネズミサシは痛いから嫌だとか芽摘みが大変だから……と言う人がいるが、お客さんに言わせれば、そんなことはない。
痛いのは、葉性もあるが、若木のうちだけで、樹ができてくれぱ芽が細くなるから痛くはない。
芽摘みが大変だと言うけれど、「その大変さが楽しいのだから」とお客さんは笑う。

お好み  TOPへ > 戻る