TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

薬剤の効果であるが、股植れ病薗は、樹皮の下形成層で活動するかち、薬剤によって防除することは、困蠍というよ12、不可能に迂い。
では、薬剤散布はまったく無効果かといえばそうともいい切れない。
それは、整枝・剪定のときは、人為的に樹木を傷つけるし、台風・暴風、雨などのときなどは、いつ傷がつくかも知れないのでおる。
こうしたとき、もしその部分に股酷れ病槽がまだ優人していなかったとしても、どこからか蘭が侵入する可能性が充分ある。
こうしたときは、薬剤散価がしてあれば、その侵入を防ぐことができるのであります。
したがって、整枝・靭定の後や、暴風雨などの庇後には、薬剤散砺をずることが好ましいので ある。
健鵬する薬剤としては、気温の低いときは、、砺灰硫就昏剤調.」典いし、隼間を通じて使則出栗るものとしては、有〓磯碗餅→剤…が典い。
凡ハ体的巡11朋としては次響」のようもはものが學えられる。

お好み  TOPへ > 戻る