×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Link  TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

晩夏から初秋(8月下旬ー9月中旬)は、樹木が栄養蓄積期に入るときで、葉面積の変化の影響の最も大きい時期であります。
したがって、この時期の整枝・勢定は最も危険であるから、絶対に避けなけれぱならない。
副 病順菌の活動めところで述べたように、枝枯れれ病〓の飛一生している樹木に肥料を施すことは、病賊め蔓廼をうながす恐れがあるから、避けなけれぱならない。
施してある肥料は取り除く。
また、ね詰まりしている場合いは「時期が良ければ」械え替えて、水の透過と排氷や乾きを良くして、肥料分のない状態で租が健奄に活動できるようにする。
(かつて枝粘れ病の発生したネズミサシを、根洗いしたのを兄たことがある。
私はこの場へu、根洗いの効艇のほどは分からないが、肥料を除去することに効果は騰ると思う。
)

お好み  TOPへ > 戻る