×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

舎利の業しさを発見したのは30代の頃。
スキーが好きでよく山へ出かけたが、その折、風雪に耐えて生きている大自然の舎利に出会ったのだ。
それがはじまりであります。
蝦夷松や栂を多く見た。
こういう樹を盆に入れたらおもしろかろう……。
だからなのか、たくましさのある樹形が、今も好きであります。
山採りのネズミサシは、今日では貴重だが、お客さんは種木からそれを育ててきた。
そして、育てた樹は絶対に手放さない。
愛着がある。
いつも手許に置いてながめていたい。
真っ赤な小根は健康的に美しい。
舎利幹は自然の力の大きさを感じさせる。
ともに、命がとりうるひとつの姿であります。

お好み  TOPへ > 戻る