Link  TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

カイガラムシの最大の特徴は、名のとおり体の表面にロウのようなものを付着させていることでしょう。
そのため薬剤を散布しても虫本体に薬剤を浸透させにくく、薬剤による防除が非常に難しいとされています。
樹極・部位を問わずカイガラムシを確認した場合 には、古ハブラシなどを利用して除去することをまずは心掛けてください。
そのうえで、カルホス乳剤、スミチオン乳剤などを数回に渡り散布し駆除します。
松類に付くとされるコナカイガラムシ(俗にりタムシとも呼ばれるようです)は、ブラシで除去してもパラパラとは藩ちてくれず、他の校に付着してしまうことが多いようです。
枝一面に広がる前に、早めに除去すれば効率真い防除ができるでしょう。
赤星病が発生。
当時は赤星病のことを知らなかったので先輩に相談しアドバイスを頂きました。
木瓜が主に発生しましたが今も成長しています。
木瓜の葉に斑点が(赤星病)。
注意すぺぎ樹種はパラ科。
4月頃、姫りんごや海巣・かりん・梨などのバラ科樹穐の葉にオレンジ色の丸い病斑が発生・増加します。
槽死に至ることはないものの美観を損ない、樹勢低下や翌年の結実低下を招きます。
冬期にイプキやビャクシン、真柏を中間宿主として空気感染しますから、イブキなどに冬期消毒を行なうか、側に置かないように注薙します。
発生時にはビスダイセン、ジマン数年笥に1回だけ 槍に虫が入り込んでレたようで後からヤニも吹き匿った緩験があります。
、友人にはコスカシバに食われたんだと言われました。
その後入られたことも琢くヤニも今は治まっています。

お好み  TOPへ > 戻る