TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

ハダニ カミキリムシ ケムシ類。
サイクル 11数側の小さな卵を瞬み、-仔勘閥中にIoo帆醜鰹の卵を照むとdわれる,呂ー認11で孵化し半月はどで戊虫となるので、畑期閥で腱縣が広がりてしまう。
腿暖な地域では成虫のままで鯉冬で5るが、齟傭は卵の状憩で無・を脳一こす。
多船干ると糸を叱葦出して聡と黛の間を格助。
塞た小さな幼幽の殿㈱では風に棄りて秘動すゐごとも参く、艇稗を拡欠させる。
予防・繁殖奄抑えるコツ。
旭期閃で噸頒†るので,船21辺燗に有鋤興測を腿伽して駆除したい呻糖催脚期は聰に小さな自い斑点のような亀拠けが跳れ、鰹団になると斑点がくりりいて蝸愈体が自りぼく色旗けする。
こうしたサインを見逃がさず、早い段階で購輿を中心に伯勘蝶剤を散布するuただし郷削欺批刊がつきやすいので、圃じ邸刑を2回以ド磯けて散布しないこと。
2~超穂類の蝋削を順艀に散布することり また、ハダニはクモの 願でアブラムシ煎などの勘除黙削∫」はまりたく洲なると導えた乃が良い。
紋映削以外にハダニ嚇用のものを便うことが堺イント。
水に蝿いので犬般糖縮する樺雨明け以陣に喋水を勒行するのも有効。
発生サイクルは成虫のカミ十リムシは5りー711期に現れ、そのはその先がしおれて枯牝してしまう。
よた桟や幹の典面をかじりて札を圃け。
その孔に卵を。
個ずり巌卵。
孵化した幼取凸テッボゆムシ一は蝋自色の吻ジ虫状をして抽り,醐の内部を愈害しトン卒ル状に孔を吠げていく。
糊搾、耕しい成虫となって聡び出すので、発娘は牢ー回。
大型の織畷では成"になゐまでに2隼を曝するものもある。

お好み  TOPへ > 戻る