×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

アブラムシの発生のサイクル。
新葉が開くと幹の表面や芽の隙間に産卵した卵が腱化し。
新茅や新葉に寄生する。
幼虫は一週間から10日で成虫となって幼虫を産むので、短期間で集団ができあがる。
雌単独での繁殖が可能で、春ト秋に生まれるものはすぺて雌。
また、この時期は卵ではなく幼虫の状態で毎日3~5匹を産み続ける。
冬期の寒さには耐えることができないので、温暖な地域を除いて冬場は死滅してしまう。
そのため秋になると雄が産まれ、この雄と交尾した雌は幼虫ではなく卵を産む。
卵の状態で越冬したものは新芽が開くと同時に孵化し、再び葉から養分を吸汁しながら増殖を繰り返す。

お好み  TOPへ > 戻る