×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

檀物に限らずすべての生物にとって賦要な問題は、自己の生長へ栄饗生長」と子孫を残すこと(生殖生長」の二つに集約されます。
植物の生長は光合成によって行われ、その蕃積養分いかんによって、花芽分化が行われ、干孫繁栄につながっています。
光合成は文字どおり太陽光線のヱネルギーに頼るわけですが、そこには光の強さと温度が大きく影響します。
この光の強さや温度が及ばす影響は、各植物の積類によってマチマチでそれぞれ特徴ある反応を示します。
花芽分化にはC/N率が大きく作用しますが、その花芽分化と開花には光の強さや日照時 劃。
樫鬱特副の影響をもつ亀のがかな翰あ切ひとつは、生育中に一定以ドの睡温に合わないと花芽分化や開花をしないものです。
秋播き性の小甕がその代表例です。
逆に一定以ヒの高搬に今って花芽分化や開花をするものとしては璽鞘などがあります。
これらは温嘆に強く影響されるので、感温性の強い植物ということができまず。
U照時閥が短くなることによOて開花が促進されるものには秋菊があります、、逆に日照時間が民くなることによ0て開花が促進されるものとしては、ホーレン草や大機があります。
これらは光の作用が大きいので感光性の強い植物です。
年間の生長型で異なる夜間照明の影響。
紺木は、春に萌芽した新梢が無制限に伸長するものではなく、5~6月頃まででいったん伸長を停止し、翌年の芽をつけた11花芽分化するものが多くを占めます。
マツ類やウメ、カキなどもこれに属し、これらを年数回生長型の樹種と呼びます。
これに対し、主として春・秋に伸長する年二回生長型のものもあります。
また八房トショウのように春から秋にかけて続けて生長ずる連続生長型のものもあります。
なお以下には、樹木の感光性に関連して、いくつかの樹種の特燈の達いを紹介します。

お好み  TOPへ > 戻る