Link  TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

サツキ芝ツツジは鎮鷺分類上は、伺じ仰蘭とキは温度と光の両方の影響を受けるようです。
具体的には、アザレアやツツジでは一度低温に合わせたあと加温ずれば、いつでも開花します。
それに対してザツキはある穣度の日照がなければ開花しないようです。
エゾマツは年[回生長型の…駁穂ですが、→建以kの夜間照明下の置かれていると、多くの場合秋に萌芽します島サツキに対する夜間照明は春から初夏であれば、開花を健進させる効果があるかもしれません。
しかし、秋以降の夜間照明は、不明開花雪返り咲き㌧を起こす傾向があるようです。
エゾマツの場合は、夜間照明によって秋に再萌芽すると冬期の耐寒性を弱める恐れがあります。
樹も疲れ、翌春の萌芽生長力を弱める結果になると思われます。
シンバクやトショウのような連続生長型の樹種では、光合成活動を促進させる効果も喜マ兄られ、とくに夜間照明による障書はないように恩われます。
落葉樹や降雪地帯に自生している樹種では、冬の間は暗いほうが望ましく、この時期の夜両照明は冬疲れを起こしたり、春の萌芽が早すぎるといった障害も考えられます。
横物は太古から昼夜明暗の条件下で生存してきたのですから、夜間照明は眷はあっても効は少ないと考えるべきでしょう。

お好み  TOPへ > 戻る