TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

いぬとくま。
植物…特に樹木には、「いぬ」という言葉を冠した名称がかなり多い。
試みにめぱしいものだけでも次のようなものがあります。
いぬうめもどき いぬえんじゅ いぬがし いぬがや いぬからまつ いぬこりやなぎ いぬざくら いぬしで いぬつげ いぬびわ いぬぷし いぬぶな いぬまき いぬむらさきしきぷ等であります。
さらにいま述ぺた「いぬつげ」の伸間の中にも、あかみのいぬつげ・つくしいぬつげ・しまいぬつげ・はいいぬつげなど、中間に「いぬ」の 入ったものもあります。
こうして調ぺていくと、「いぬ」の2字がいかに多く植物名に使われているかが分かる。
一方植物名には、「いぬ」ほど多くはないが、「くま」の2字を冠した名のものもかなりあります。
くまいちご くまがわぶどう くましで くまつづら くまのみずきくまやなぎ くまやまぐみなど。
有名なものには「くつざさ」があるが、樹木ではないのでわざと除いた。
こうして見ていくと、「いぬ」と「くま」が植物名に付けられた根拠は知らないが、夫々何か通ずるものがあるような気がする。
私は植物分類学の専門家ではないので、こうした「いぬ」や「くま」を冠した名称の植物をたどって勝手な推測をしてみることとした。

お好み  TOPへ > 戻る