TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

短期間で太らせるために培養環境を変えて太りを促進。
樹を太らせるには、樹芯・枝芯を強く伸長させる必要があります。
枝と根は連動して生長するものですから、枝を伸ばすのであればまず根が伸びる環境を作らねばなりません。
しかし、鉢という制限された空間の中で根が伸びるスペースを確保するのは限界があります。
幹骨を作る段階の素材は、太りを優先して鉢以外の場所で培養することも珍しくありません。
養成場所として最もポピュラーなのが畑(地植え)。
自然木と同様の環境で根を際限なく広げることができますから、太らせるという目的では最高の環境と言えるでしょう。
ただし、広い場所が必要になることと畑から鉢に移す際の根処理が非常に難しいことから、容易にできるものではありません。
棚場での培養であれば大きな駄温鉢や木箱などを使って培養する方法がお薦めです。
発泡スチロ]ルなども温度を一定に保つことができるので、培養に向いていると言われます。
通気・排水性が高く、根を伸ばすことができる環境であれば、通常の鉢で培養するよりも遥かに短期間で樹を太らせることができます。

お好み  TOPへ > 戻る