×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

有機物はそのままの状態では模から吸収されることはなく、微生物の分解作用を経て無機質化されます。
さらに土中の水分に溶けて無機イオンとして植物に取り込まれ、導管を通じて葉へと送られます.太陽光を受けた葉肉細胞(葉緑体)では、気孔から二酸化炭素を取り入れて炭水化物等の同化産物を作り、酸素を放胆します(光合成)。
製造された同化産物は水溶液として表皮に近い師部を通って、幹などを作りだす細胞へと送られます。
導管から送られる養分や師管を下ってくる炭水化物などは、生長点に届け られるだけではなく、樹幹の水平方向にも移動し、肥大生長を促進させようとします。
樹の構造を観察すると、栄養分を水平方向に移動させるために、木質部・形成層・樹皮部を放射線状に貫通する組織が存在していることが確認できます。
この組織によって形成層の活発な活動が促され、新たな木質部や維管組織が形成されるようになります。
また、生長に使われる養分は季節によって配分が異なり、春は新芽の甑芽や伸長に使われ、6-7月頃は花芽の形成と実の充実、8月以降の充実期になって肥大生長への配分が大きくなります。
従って、この季節に合わせて肥培を勅かせると幹の太りが促進されやすくなるようです。

お好み  TOPへ > 戻る