TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

肥大成長が樹を太らせる。
樹木の生長という吾葉でまずイメージされるのは、新芽(新鞘)の伸長ではないでしょうか。
新芽が脚ぴて上方に陣長することを「伸長生長」と呼び、樹芯や枝芯など先端駆に生長点が蜂中し、引力に逆らうように高く陣張しようとします。
しかし、この伸長生長だけでは、樹木は個体を維持できません。
樹木が人きく生長するためには、支えとなる強じんな木質部を発達させる必要があります。
この木質郡の発達を「肥夫生長一と言い、いわゆる幹の太りと呼ばれる現象になります。
樹木の幹は、中央に木質部と呼ばれる、ほとんど生理活動を行なっていない植物を支える役捌だけを果たしている部分と、外側に内部の組織を守る役翻の皮騙がありぎす。
この両者の間に最も細胞分裂が盛んな形成願があり、形成鰯を挟んで内側に導管組織、外側に師管組織があります。
導管は半ば死んだ組織で、根から吸収された養分や水分を枝葉に送る役割を担い、師管は逆に生きた細胞が止下に速なっている組織で、光合成によって作られた炭水化物などの同化酸物を他の駱分に運んでいく役割を樂たします。
養分が吸収・利用される仕組み。
植物の生畏に必須の元素は16種類、その中で酸素・炭素・水素を除く13種類が根から吸収されます。
楔から吸収される元素の中で特に重要とされるのが饗素・リン酸・カリの3種類。
中でも窒素はタンパク質やアミノ酸の主成分であり、DNAを作るのに重要な役割を果たしています。
こうした、几素は通常の上壌にはもともと備わっているものですが、無菌で無肥科の用セを使う盆蔵は、外部からこれらの元素を与える必.要があります。
これが肥培の目的であり、盆裁界では古くから有機物肥科を宇えてきました。

お好み  TOPへ > 戻る