TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

芽切りは一度だけでいいでしょう。
荒木における芽切りは、あくまでも樹勢をよくし、芽数を増やし、姿をつくっていくのが目的です。
まず、この点をしっかり把握したうえで、芽切りを行いましょう。
まず、弱い芽はその芽元から切ります。
そして強い芽はー~2㎝残して切ります。
この2段階の芽の分け方で切っていくと作業を行いやすいでしょう。
この中の2段階にも入らない強い芽があったら、2㎝以上に残してやりましょう。
新芽を元から切れぱ、2番芽が発生しやすくなり、残す軸が長けれぱ長いほど、弱るまで時間がかかり、二番芽の発芽が遅れるという仕組み、これで充分に葉が揃ってくるものです。
芽かきは、荒木の場合、それほど重要でありませんから、行わなくてかまいません。
古葉・新葉の葉ぬきは、完成木と同じように正月過ぎから4月上旬の間に行いましょう。

お好み  TOPへ > 戻る