×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

生活の串でも筍は。
季節の味覚として欠くことのできぬものであり。
それが竹となる期 間の驚異的な生命力。
人間の世界でも人の親は、その素晴らしい生命力を我が子に託したことも顧けることであります。
風最の世界でも。
入家に密接した場合も多く、離れて見る時は団々とした葉の繁りの柔 らかな風情。
一歩竹林に足を入れて見れぱ、その力強さ整然とした奥行きには。
圧倒される恩いであります。
万葉集では大伴家持が。
澄んだ心で次のように詠んでいます。
我が宿のいささ群竹吹く風の 箭のかそけきこの夕かも 葉の一葉、 一葉を流れきて流れ去る爵律の感動。
我々も時にはわずかでも、そのような時間ち持ちたいものであります。
ヒ野の国龍博物館に。
,六祖徴竹周』梁措の画があろ。
竹を着る刹那の竹に鉈を当てた瞬開に割然として悟リが開けたと、一。
局われるが、ニニまでくれば、俗人にはかなりの範離はあろとしても。
乎凡な中の神秘惟が感じられる。
満涼で高稚。
節操と美徳の面影をたたえ人をひきつける魅力をらち続ける竹に、いかなる方法でも関わる。

お好み  TOPへ > 戻る