×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

美しいように枝を引いて(針金をかけて伏せ気味に伸ばす)おく。
針金をかける前に、トショウは切り込んだら枝基などの不安な小さな芽(既に小枝になっている)をピンセットで取る。
小さな枝がたくさん出ているから、徹底して取っておきたい。
切り込み後、よく日光が当るようになると、今まで日陰だったそうした小枝から一勢に芽が吹き、めんどうであります。
そこで切り込んだら掃除するように小芽(小枝)を除く。
次に針金をかける。
針金かけは前述の構想どおり。
他にも樹形はあると思われるが、一応写真のような作業となった次第。
針金をかけた後、飛び出した新芽部分を摘んでおきたい。
芽摘みであるが、こうしておくとよく芽が吹いてくる。
トショウの芽は針葉の基にあります。
3枚の針葉なら3つ、4枚のグルリと付く針葉なら4つ芽が当ることもあります。
樹勢があると、これらが一勢に吹いてくる。
不要な芽は若いうちにピンセットで摘むが、ある程度伸ばしてから切り取ってもよい。
樹勢をつけることが第1のポイントであります。

お好み  TOPへ > 戻る