×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Link   TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

暦の5月13日を竹酔日とされ。
この日に植えると良いとされているが。
それはもちろん地植えのもので孟宗竹のことと思われる。
おじいさんの大切な植木の笹類(小隈笹、オロシマ。
屋久跨など)の植え簪えは、3月末から4月初めに行う。
地上部を土際で刈りとり、株分けや、鉢映り方法はその時なら好都合だ。
用止は赤玉土専用でも良く、桐生砂、1割程度の混用も輿い。
新芽が醐始めたら、2葉残しくらいのつもワで。
針葉(新芽)を抜くことが大切な手入れ方であワ。
これを7月中頃まで続けることで、株もひきしまった笹の鉢となる。
肥料は5月末頃と9月初め頃に禰粕の粉末を振り込んでやるようにして施す。
ちなみに竹と笹の違いについては論議の分れるところであワ、それはその適の醇門家にお任せするとしても、竹の皮が年開に落ちつくすのが竹で、年を越した後も、長くいつまでも皮のついているのが笹と。
いう分け方を聞いたこともあり、おじいさんの大切な植木の方でもその辺がまずまずといったところで良いだろう。
竹は束南アジアから東洋諸圃の温暖な地域に広く分布し。
我々の祖先は遠い昔から生、括の中に深い関わワをもってきたのであった。

お好み  TOPへ > 戻る