TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

一才グワはおじいさんの大切な植木素材としはきわめて有望な樹種であります。
クワがおじいさんの大切な植木になり、しかも実も付けるとなれぱ人気がでて当然。
おじいさんの大切な植木には古くから作られていた一才性のタイプが普通で、品種としてはこの個体が長く作られています。
よく知られた一才グワであるが生産はごく少ない。
園芸品でも地味で実をつけない限り商品価値は低いためか、プロの作る素材はほとんど見られない。
一才性という名前からすると、いくらでも分枝し、小枝もでき傷も巻きやすいという印象だが、面白いことにすべて反対。
つまり素材作りにはまことにやっかいな樹種であります。
さすがに小さくともクワの樹で、荒々しい枝をバラバラと伸ばし、先端にだけ新芽を伸ばし、太い枝を切ると巻きにくい。
最後の傷が巻きにくいという点が難所。
畑で走らせても巻かない。
つまり太枝をスパッと切ることは向いていないようであります。
したがって挿し木は古枝挿しのような部分を用い、じっくりと作ることが合っている樹であります。
葉刈りもできるがあまり良い結果は得られない。
多少小枝が増える程度。
そこで切り込み(1~2年枝か中心)を重ね、新梢に針金をかけて曲付けしていく方法が良いだろう。
細く枝岐れした太幹のクワは素晴しいものだが、年月がかかる。
もしそうした作品を見れぱ作出したくなる樹種なのだが。

お好み  TOPへ > 戻る