×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

よく芽吹くから、伸ばしては切りの鋏作りでよい。
なるべく枝基からやわらかい感じで分枝させていきたいので、鋏作り(伸ばしては切り)の方法に加えて葉刈りを組み込む。
鋏作りだけでも、強弱をつけ樹勢を平均化させて作ることができる。
細かい作業なので経験が必要であります。
切り込みの方向や2岐に抜いていくあたりは実際にやってみないと判りにくい。
この鋏作りに部分的な針金かけを加え、そして葉刈りを組み込んでやわらかく枝先などを仕立てていくのが面白いのであります。
呼ぴ接ぎなどは 呼び接ぎはヤマモミジと同様にさまざまな方法が可能。
幹に呼び接ぎ する場合、荒れた部分では削り込みそこに枝を回してきてはめ込む。
大きな切り口でもよく傷口は巻いてくる。
接ぎの接点では荒れてくると幹肌に埋まるように目立たなくなる。
根接ぎや間伸びした枝基などにも呼び接ぎはきわめて有効。
素材では、走らせた芯の枝を回し、その下の曲に呼び接ぎをしているところであります。

お好み  TOPへ > 戻る