TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

こんにち、多くの国の博物館に保存されているくさび形文字の刻板には無数の商取り引きのことが記録されており、そのほとんどは動物にかんするものです。

これらの刻板のほとんどは、まだ解読されていない。

けれども、領収書や請求書、牛や穀物の出荷記録簿などは、古代詩や政治的条約よりも、はるかに多いことはあきらかです。

古代の人びとは、飼い馴らされた雄牛を高く評価して、それらに特別な記号をつけたが、それがこんにちのアルファベットに残っています。

ユーフラテス川の河畔のアッカド市の住人で、メソポタミアまで散らばったアッカド人は、かれらのアルファベットの最初の文字を雄牛..餌針匡、.[アダド]の名前にちなんでAと呼称した。

その他の種族もこれをまねて、ヘブライでは牛飼いのアビラマ(アブラハム)の言葉で雄牛のことを..邑⑦曾、.[アレ7]といい、同様にAの文字ではじまる名称をつけたのです。


お好み  TOPへ > 戻る