×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

インダス川峡谷のコブ牛にまつわる話は、古代における、広くゆきわたった家畜の取り引きの証拠です。

ギリシアの歴史がはじまるずっと前に、コブ牛の群れをつれた隊商がインダス川からペルシアを越えてユーフラテハイウ邑ース川へ、そこから古代の軍事上および商業上の公道をとおってナイル川まで旅行した。

エジプト第一八王朝のトトメス王の時代に、牛、ヒツジやヤギの聾れは、毎月、牧夫たちによって更連れていかれた・これらの動物のあるものは、エジプト王の家臣からの貢ぎもので彦たも大部分警・タイト・ア・シリアやカ・シーの諸王国と、エジプトとの謬の取り引き矯けられたのです。

南アジアでは特殊な品種の牛が、アルニ、すなわちインドスイざウや、ガウル?。

,事。

ウ]からつくられた・何千年もかげた響によ・て、野生のアルニは~フバオ、つまりアジア産家妻イギュウに品種改良された。

この牛の絵は四〇〇〇年前のバビロニアの円筒形の印章に描かれている・アリストテレス[嘉ず・アの哲学著、博顰者。

前三八㌣三三年ぽこの動物について注意深く書き記した。


お好み  TOPへ > 戻る