TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

ユダヤ人の牛 古代の歴史を通じて、家畜は入気のある戦利品であったという記録が残っています。

アッカド人とシュメール入は、インダス川の谷間の牛飼育業者たちが経験したと同じように、しばしば外国人征服者のために白分たちの牛の群れを放棄しなければならなかった。

アーリア人の遊牧民が北方からインダス川のほうへ侵入して、当時すでに文明の発達していたいくつもの古代都市を破壊したとき、かれらは家畜の群れだけを殺さずに、次の移住地へいっしょに連れて エジプト人もまた、かれらが征服した近東の諸地方から牛の大 群を獲得した。

「古代世界のプロシア人」といわれるアッシリア人が、エジプト入をメソポタミアから追放したのち、かれらは戦いに負けた隣入たちをまったく同様な方法であつかった。

かれらは被征服者の牛の群れを没収し、都市を破壊し、そして人口の大部分を殺害したのです。

敗者は動物たちをアッシリアに連れてこなければならなかった。

そこで動物たちはあたらしい所有者に保護された。

エジプトに移住し、ナイル川の三角州地帯の肥沃な東部に定住したユダヤ入は、四三〇年間に人口がいちじるしく増加した。

かれらは、家畜の大群を所有していた。

たぶんエジプト人は、これらの「外国人」がファラオ室ジプト王]に支払う税金だけではけっして満足しなかったことであろう。

エジプト入の人口もまた増加したので、かれらはユダヤ入の豊かな家畜の群れをほしがった。


お好み  TOPへ > 戻る