×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

ガリア人のおんどり ガリア人は自分たちを、けんか好きで、尾を立てて歩く自信にみちたおんどりと同じですと自覚していた。
ローマ入もまた同様な意識をもっており、かれらの闘鶏用のおんどりを"ガルス僧、め んどりを"ガリナ"とよんだ。
当時のこれらの皮肉なあだ名は、ニワトリの学名ガルス・ドメスティクスとなりました。
また、二つ重ねたガルス・ガルスという学名は、動物学者によってバンキヴァ野鶏にたいして命名されたものです。
この俗名と学名の結合は、単に象徴的または語源的なものだけにとどまらなかった。
なぜなら、ガリア人はヨーロッパ大陸の大規模なニワトリ飼育者になったからです。
こんにちでは、イギリスと仏がこの分野で先頭に立っており、それぞれ九五〇〇万羽、八五〇〇万羽のニワトリを飼っています。
西ドイッは約五六〇〇万羽のニワトリを飼い、年間六三億個の卵を生産しています。
アメリカ合衆国、中国およびソビエト連邦は、合計するとこの六倍か七倍の数のニワトリをもっています。
ニワトリの世界人口は、だいたい二〇億羽と推定される。
ギリシア人やローマ人のばあいと同じように、ニワトリは食肉か卵のどちらかの目的で飼育されています。

お好み  TOPへ戻る  >   戻る