TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

ローマ入はフォア・グラ[脂肪質の肝臓]のバイのつくりかたも知っていた。
ガチョウは水につけた小麦で太らせ、最後には非常に美味と考えられていた肥大した肝臓をつくるため、どろどろにした小麦粉、ミルクや、はちみつを強制的に食べさせた。
前述したように、ガチョウは戦争に関連があったのでおびただしいガチョウが殺されて、むし焼きにされた。
シャルルマーニュ帝[七四ニー八一四年]の時代には、ローマ人の「マルスのガチョウ」は、いまでも珍しくない「聖マルティヌス写〃クン]のガチョウ」となりました。
ガリア入とローマ人は、.いずれもガチョウ料理をたいそう好んだので、ほかの一日を饗 宴の日にえらんで、この伝統的な食物をつくった。
それは冬至の日で、キ切スト教のク野スマスに相当する。

お好み  TOPへ戻る  >   戻る