×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

船乗りへの新鮮な食肉の供給一四九三年におげるコロンブスの第二回航海のあと、あらゆる種類の家畜のもっとも重要な市場は新大陸であった。

その理由はあきらかです。

船乗りと征服者たちは新鮮な食肉を、最初の開拓者たちは土地を耕すのに雄牛を、必要とした。

また、征服者の軍隊は、その荷車隊を大陸内部へ輸送するために、運搬用動物が必要であった。

家畜の輸出はこのようにして長年おこなわれたので、牛や豚の肉の価格は、スペインやポルトガルで異常な値上がりを示した。

そこで、他国からの家畜の輸入が法律で禁止されたので、農民たちの家畜小屋は空になり、肉を食べたい者は原始時代のように狩りをしなければならなかった。

すぐに屠殺されずに、将来の群れのもととして飼われた家畜は、その主人たち以上に新天地によくなじんだ。

スペイン人は、最初西インド諸島のヒスバニオラ島を所有したが、まもなく入植者たちはメキシコやそのほかのもっと魅力のある植民地へ移住したため、島の人口は減少した。

その結果、ヒスバニオラ島が発見されてから二世紀たったとき、この島は、スペインから輸入され、そののち捨てられて野生にもどった家畜たちの子孫の楽園になっていた。

おびただしい数のヤギが山地を歩きまわり、また谷間や草原には野生化した牛の群れがたむろして、狩入たちにゆたかな食糧を提供した。

メキシコ湾の海の無法者やその他の海賊たちは、新鮮な肉が必要になるとヒスパニオラ島に上陸し、もと家畜だった動物の狩猟隊を組織したといわれています。

海賊たちは食肉の補給のため、およそ一〇〇年ものあいだ、この島をおとずれ続けたのです。


お好み  TOPへ戻る  >   戻る