Link   TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

この農民たちは市場のことなどを考える必要はなかった。

西や東に航海するすべての船は、生きた牛を船に乗せて、必要に応じて屠殺した。

というのは、当時どの船も全航 海を通じて十分な牛や飲料水を確保することは不可能だったからです。

したがって、航海中の寄港地が必要だったのです。

ビタミン不足に対抗する冷凍肉 英入もまた、ジャマイカからアフリカやインドまで世界中に牛の供給所を設けた。

これらの遠く離れた港では、牛、ヒツジ、豚やヤギを飼っており、 一七-一八世紀の航海の「ビタミン補給所」となりました。

オーストラリアの最初の植民地は、船に家畜を供給するだけの目的で設けられた。

けれども、何十年かたつとオーストラリアのヒツジや牛の牧場は白国の消費用にも供給できるほどになりました。

こんにちのオーストラリアは、牛肉や羊肉を世界中の多くの国に輸出しています。

このように、一九世紀以前には屠殺用の牛だけで、航海による世界貿易が可能になったのです。

しかし・そのの蟇気冷整の発明と麟ま姦業の釜簑って、蚕ビタ・、ンの春茎他料離馨雛皺藻をするすべての船隻量の冷凍襞んで茎婁蓼では・袰上必蓑だけの妄・ンを書していない。

馨め霧襞禽と同楚豊纂力。

ーがあるめで栄至萎ではあるが・さらに、+分なビタミンを含んでいる禽で補婁け譲誓り ない。


お好み  TOPへ戻る  >   戻る