TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

罐詰めだけにたよる入はだれでも・鷲は塩づけ肉、ビスζトや干だ、bだけに蛋ってい慈 乗り耄と同じような欠乏病にかかるであろう。

芸フ一フビン[ビタミンB2]の歪によって芸る脚気・播病・夜墓・ペラグラ病や皮膚の議などの病謬、新篝肉、卵、、、、多やバタ芝衾れるビタミンと・ネラルの叢によって、軽くなる婁蕎完全に茎る。

このよ乏、霧は人間にとって健康を保つのに欠かすことのできない栄養源なのです。

ブイヨンへの誤った期待一九世紀における二つの発明によって、食品産業では牛肉やスエ。

ト[賽器]の消費がい耄るしく伸びて、船員や辺地の探検隊員、多くの国の貧しい人たちの食事が改善された。

一八一〇年ころ二天の仏人科学者、パルマンティエとプ†ストは、牛肉の予ブを蒸発させて濃縮した食品をつくる方法を開発した。

こうしてできた固形ブイヨン[肉の煮出し汁でつくつたスープの剰]は、かなり長期間保存することができたので、航潅や戦役に必要だった大量の新鮮な肉の供給は不要になりました。

O八五七年にドイツの化学者、ユストゥス・フォン・リービッヒは、さらにすぐれたこの肉エキスの加工技術を発見した。


お好み  TOPへ > 戻る