×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

いっぽう、アーカンソー州やテキサス州の放牧場で飼育された畏い魚をもつ牛と、アラバマ州やテネシー州の短い角をもつ牛の群れは、鉄道でシカゴに遡ばれています。

シカゴにおける四大牛肉加工工場の積荷場からは、毎日およそ七〇〇〇匹から八OO〇匹の牛が屠殺場に送られる。

そこで、一日つるされたのち、商度の技術による流れ作業で加工される。

そのほとんどは、餓詰めにされたり、ソーセージやサンドイッチ用の肉に加工されたりしています。

肉と魚を加えた批界の消費批は、年間一入当たり四八ポンド[ニニキログラム]をやっと超えたていどと考えられる。

けれども、先巡因では、年間一人当たりの平均消費量は一〇〇ー一四五ポンド[四五・四-六五・八キログラム]です。

いずれにしても、統計的に正しい数字が得られるのは、フォークとナイフを使って食事をする四〇パーセントの入種からで、はしを用いて食事をする三〇パーセントの人種からも、おおよそ正確な数字を得ることができる。

残りの、指を使って食事をする世界入口の三〇パーセントについての統計上の数字は推測の城を出ていない。


お好み  TOPへ > 戻る