×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Link   TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

一八六七年、ナポレオン三世は、そのころ供給不足だったバターに代わる脂肪の製造に成功した者に巨額の賞金を与えることを提案した。

その条件は「バターよりも安くて、しかも同等の品質をもつこと」であった。

仏人の化学者、ヒッポリテ・メーゲNムーリエは、ナポレオンの所有地の一つで研究をはじめて、O八七〇年には成功したといわれています。

数年後にオランダではじめてマーガリンの生産が開始された。

約四〇年間、マーガリンの原料は牛肉のスエットであった。

これは加圧されて、その主要成分です動物性マーガリンとステアリンに分解された。

ミルクや少量の植物油と混ぜられた動物性マーガリンはバターの代わりになり、いっぽうステアリンは、ろうそく製造業者に供給された。

北米や欧州の大きな家畜飼育場から、マーガ9ーン業界に対して原料が供給された。

しかし、一九〇四年になって、牛肉のスエットはしだいに植物油におきかわった。

そして、一九一〇年以後、安い鯨油が利用できるようになったので、スエットはマーガリン製造に利用されなくな、った。

一九世紀のなかばから、牧畜業の中心は欧州から他の大陸に移行した。

たとえば、牛の飼育は北アメリガと南米、ヒツジはオーストラリア、南アフリカや南米などへ移行したのです。


お好み  TOPへ > 戻る