×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

「細いヒツジの腸はバイオリン、ハープやそのほか多くの楽器や道具の弦に利用される。
一本の弦には・少なくとも二本の覇瓢をより合わさなければならない。
采の腸線だけでは、弦はつくれないのです。
ベース・バイオル[チェロに似た楽器]の太い弦のように、一〇本、二〇本、そして一〇〇本もの腸線でつくられた弦もある。
高音のマンドリンの弦には二本の腸線が、バイオリンのもっとも細い弦には三本の、そしてもっとも太い弦には七本の腸線が、また大型のべースの弦には、ふつう一二〇本の腸線が使われる。
子ヒツジ、ヤギ、ネコや子牛の腸線は、いずれも弦になる」 この時代には、ヤギもヨーロッパの多くの国において、経済上の重要な要素であった。
ラフは次のような酬㌦脚.軟を紹介しています。
「ヤギの革は、半ズボンや財布や袋ものなどをつくるのに適しています。
コードバン革や羊皮紙も、ヤギ皮でつくられる。
紳士や貴婦人用のたいそうきれいで薄手の白、青、緑、紫、赤などに染色された手袋で、いわゆるチキン・レザー[ひなどりの革]とよばれているものは、実際にはヤギ皮からつくられる。
かつらは長いヤギの毛でつくられる。
この毛は、必要に応じてつむぎ糸にし、小アジア地方でアンゴラ・ヤギの毛が利用されているように、布に織ることもできる。
この地方のヤギはキャメル・ゴート[ラクダ・ヤギの意]とよばれ、あらゆる種類の衣料を 織ることができる」 ヤギの飼育は、近年いちじるしく少なくなりました。

お好み  TOPへ > 戻る