Link   TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

第二次世界大戦前に、ヤギは「坑夫の牛」とよばれてルール地方[西ドイッ北西部]でふつうに見られたものです。
半農および労働者階級の人たちは、いたるところでこの動物の恩恵をうけています。
というのは、わずかの世話をするだけで、ヤギは家庭に純粋で滋養になる乳を十分にお返ししたからです。
しかし・ヤギは蠢纂化しつつある西洋の最初の犠馨です。
かつて茎蠢っていた家庭は・いまでは亨トバイ耄っており・むかしからのヤギ小震ガ㌣ジ簑ってしまった。
都市の発展と新しい建物の濫激によって、もとヤギがつながれていた空き地は見られなくなりました。
さらに現代のア↑トでは・かつて「庶民」の家にあったヤギの雀やウサギの飼育箱は、どこにも見当たらない。
たぷん古代の人間が必要としたかれらの有用性は、こんにちではすたれているので赫ろう。
もちろん、未開発の田舎では、いまだにヤギが数多く飼われています。
ヤギの乳は、もっとも文明的な美食家たちに高く評価されているいろいろなチーズの原料です。
そして、気候が温暖で未開発の地方や原始的な地域では、ヤギははじめから、そしていまもなお、もっとも実用的な酪農動物です。

お好み  TOPへ > 戻る