TOPへ戻る  >   戻る

ちょこまろ


ちょこまろ

何世紀ものあいだ、飼育業者たちは豚をできるだけ太らせようとしてきたけれど.現代ではギリシア人が好んだように、やせた豚が目標になっています。
とりわけ第二次大戦後に「奇跡の経済的発展」を遂げた諸国では、もはや脂肪の多い肉の需要はなくなっています。
いまでは、脂肪の少ない肉に対して、より高い代価が支払われています。
医学上の見地からも、この嗜好の変更はまことによいことです。
いったい、どのくらいの期間この好みが長続きするのかは、たぷんこれからの世界情勢によるであろう。
もちろん、やせた豚の肉は景気のよい時代にだけ好まれるのです。
我々たちは二蔓前の]難要の画廊で鳥の絵寛つけることはむずかしい。
あき.暴泉河期の 人類は鳥類には深いかかわりはなかったし、またかれらはたしかに家禽を飼ってはいなかった。
その理由は簡単に説明がつく。
というのは、たくさん群らがっている野生の水鳥を狩るのはわりあいにたやすいことですが、それらから得られる肉は大型動物とくらべると少なかったからです。
酷寒の時代には質よりも量のほうを重んじたことであろう。
醐鼬画家たちと同時代の入類は、おそらく鳥の卵を賞味し、春先には鳥の巣から卵をかすめたにちがいない。
けれども、年じゅう卵を生み続けるすばらしい鳥ーニワトリは、そのころはまだ知られていなかった。

お好み  TOPへ > 戻る